このページの先頭です

脱毛は医療機関が良い?!医療脱毛のメリットとデメリットとは?

241views

投稿日:

そもそも医療脱毛とは?

そもそも医療脱毛とは

脱毛は「専門の医療機関」と「脱毛サロン」で行うことができます。

では、その二つの違いとはどのようなことなのでしょうか?その違いの一つ目は、施術方法が異なる点になります。
医療機関では常に医師がいるので、もしものことがあっても適切な対応をすることができます。

そのため、強いレーザーの脱毛機器を使うことを国から許されており、脱毛効果の高い機器を使うことができます。
それに対して脱毛サロンは医師が存在していないので、脱毛効果の高い強力なレーザー機器を使うことが許されていません。

これらのことにより脱毛サロンでは、医療機関の機器よりも効果の低い光脱毛などでの施術になるため、脱毛サロンには何度も通う必要があり、脱毛が完了するまでにはかなりの期間を要します。

一方、医療機関では、脱毛効果の高いレーザー機器を使用できるため、脱毛サロンよりも施術回数が少なく済み、脱毛が完了するまでの期間は短くなります。このように、医療機関と脱毛サロンの違いは医師の有無になり、そのことにより使える脱毛機器が違ってくるのが一番の違いとなります。

医療機関での脱毛のメリットとは?

医療機関での脱毛のメリットとは

レーザー脱毛が受けられること

「脱毛サロン」という言葉には、「綺麗」や「リラックス」というイメージがありますが、脱毛サロンで行う脱毛は医療機関よりも効果が低い「光脱毛」になります。
光脱毛の機器は医師でなくても使うことを許されており、比較的簡単に使用することができます。光脱毛の機器は脱毛パワーが弱いので、ムダ毛のない肌になるまでに比較的長い時間がかかってしまいます。

それに対して医療機関で使われるレーザー脱毛器は、脱毛パワーがとても強いので、たとえムダ毛が太く量が多くても完全に脱毛することが可能となります。
そのため、レーザー脱毛は光脱毛よりもムダ毛が生えにくくなります。

そのことから、医療脱毛の方が脱毛効果が高く、施術回数は脱毛サロンよりも少なくなります。
つまり、脱毛サロンよりも脱毛が完了するまでの期間が短くなるのです。

医療機関では永久脱毛をすることができること

脱毛サロンでは永久脱毛をすることができません。
それは、レーザー脱毛ができないためです。
そのため、脱毛サロンは「永久脱毛ができる」と宣伝することができないのです。
そのため、脱毛やムダ毛を薄くするということしか謳うことができません。

それに対して、専門の医療機関で行われるレーザー脱毛は、ムダ毛を生やす元の細胞を破壊し、再びムダ毛が生えてこないようにすることが可能となります。
そのため、毛深い方でも、綺麗にムダ毛を処理する永久脱毛を行うことができます。

このようなことから、医療機関のみ永久脱毛が認められており、永久脱毛をしたい場合は脱毛サロンに行くのではなく医療機関に行く必要があります。

医師によるアフターフォローが万全なこと

脱毛サロンには医師がいませんが、医療機関には医師がいるため、医師による診察やアフターフォローを受けることができるというメリットがあります。
医療機関でのレーザー脱毛は脱毛サロンの施術よりも痛みがあります。
そのため、医療機関で施術を受ける方の中には、痛みに関して不安を感じる方もいます。

また、痛みだけでなく、体質や病気などの悩みを持っていることにより施術が不安になる方もいます。
ですが、医療機関では医師による診察やアフターフォローがしっかりとしているので、施術による不安を取り除き、安心して施術を受けることが可能となります。

そして、施術中や施術後に何かトラブルが発生しても、医療機関には医師が常にいるので、すぐに適切な対応をすることができます。
また、医療機関では薬を処方してもらうことが可能となっているので、その点も医療脱毛のメリットと言えます。

アトピー性皮膚炎や敏感肌の方でも安心なこと

医療脱毛は、アトピー性皮膚炎や敏感肌の方でも安心して施術を受けることができます。
それは、医師がカウンセリングなどでしっかりとフォローしてくれるためです。
そして、肌へ負担がかからないような脱毛方法を提案してくれます。
脱毛サロンでは医師がいないため、もしものことが起きても対応することが難しいと言えます。

そのため、肌トラブルがある人や肌トラブルを起こしやすい人は施術を受けることができない場合があります。
ですが、医療脱毛でしたら肌トラブルが起きても医師が対応するため、肌トラブルが起きるリスクを理解し承諾すれば、施術を受けることができる場合もあります。

医療機関での脱毛のデメリットとは?

医療機関での脱毛のデメリットとは

脱毛サロンよりも痛みが強いこと

レーザー脱毛はとても効果の高い施術になり、その分痛みが強くなっています。特にVIOラインはデリケートな部分になるため、痛みを感じやすい部分になります。
そのため、その部分の脱毛に不安を感じる方もいるかと思いますが、医療脱毛では痛みを緩和させる麻酔を使うことができます。

麻酔の料金は別となりますが、麻酔を使って女性のデリケートなVIOラインの脱毛の痛みを緩和します。
ですが、レーザー脱毛はパワーが強いため、肌へのダメージは大きくなります。
そのため、レーザー脱毛による皮膚の赤みが改善するのに2、3日かかってしまうことがあります。

脱毛サロンよりも料金が高いこと

一般的な全身脱毛の料金は、医療機関だと35万円くらいかかり、脱毛サロンだと20万円くらいかかります。
このように医療機関と脱毛サロンでは施術の料金にかなりの違いがあります。
このことは医療脱毛のデメリットと言えますが、脱毛サロンの方が脱毛効果が低く何回も通う必要があるので、「脱毛サロンの方がお得」ということを安易に言うことはできません。

現在の医療脱毛は、通常よりも低い料金で施術を受けられるところが増えています。
そして、脱毛する部分によっては医療機関の方がお得なケースもあります。

レーザー脱毛には欠点があること

医療機関のレーザー脱毛の機器は、メラニン色素に反応して脱毛を行います。
そのため、比較的白い産毛や白髪などには反応しにくいことになります。
反応しにくいので、白髪や産毛が残ってしまう場合もあります。
ですが、産毛にも対応できるレーザー脱毛器もあります。
その他にも、レーザー脱毛器には欠点があり、それは日焼けした肌やホクロの部分への脱毛ができないことです。

そのような部分はメラニン色素が多いので、日焼けした肌やホクロにレーザー脱毛器が反応してしまい、ヤケドしてしまう危険性があります。
ですが、ホクロの部分は、ホクロを除去することによって脱毛することが可能となります。

そして、日焼けですが、少し日に焼けている程度でしたら問題ありませんが、日に焼けすぎていると施術を受けることができない場合があります。
ですが、黒人が使用しているYAGレーザー脱毛器のある医療機関でしたら、施術を行うことが可能となります。

医療機関での脱毛がおすすめな人とは?医療機関での脱毛がおすすめな人

なるべく早く脱毛効果を感じたい人

夏になると露出が増えることから、夏までにムダ毛の処理をしたい女性は多くいます。

そのような方に医療脱毛はおすすめで、医療脱毛は脱毛サロンの施術よりも効果が高いので、大きな出費になっても構わないのであれば医療機関で脱毛すると良いでしょう。

また、医療脱毛の方が脱毛効果が高いことから、脱毛サロンで満足できる効果を得ることが出来なかった方も、医療機関での脱毛がおすすめになります。

永久脱毛や全身脱毛をしたい人

医療機関のレーザー脱毛器はパワーが強いので、毛が生えてくる細胞を破壊することができ、永久脱毛が可能となっています。
そのため、永久脱毛をしたいという方には医療脱毛の方がおすすめになります。
痛みが少ないレーザー脱毛器もあるので、脱毛による痛みに対して不安のある方は、そのような機器を使っている医療機関を選ぶと良いでしょう。

そして、全身脱毛したいという方にも医療機関の方がおすすめで、それはレーザー脱毛の方が効果的だからです。
柔らかく細い毛には脱毛サロンの脱毛器でも問題ありませんが、デリケートゾーンなどの強い毛が生えている部分に対しては、光脱毛のパワーでは少し足りない気がします。

それと、脱毛サロンの方が通う回数が多くなるので、いくら料金が安くても結果的に医療脱毛よりも料金が高くなってしまいます。
これらのことから、全身脱毛をする人には医療脱毛の方がおすすめになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です