このページの先頭です

ここがポイント!医療脱毛での永久脱毛のメリットとデメリット

91views

投稿日:

永久脱毛のメリットは、肌荒れが起こりづらくなること

永久脱毛のメリット

医療脱毛は、出力の高い脱毛機器を使うことが出来るので、その分毛根を完全に破壊することが可能になります。

なので、医療脱毛の場合は、脱毛サロンには出来ない永久脱毛が出来るわけです。
そんな永久脱毛をすることのメリットと言えばやはり、肌荒れが起こりづらくなることでしょう。
人の肌荒れが起きる原因には、色々なものがあります。

たとえば、汗や皮脂などが毛穴を詰まらせてしまい、それが原因で肌が荒れることもありますし、自己処理の際に肌を傷つけてしまい、そのせいで肌が荒れる事もあるのです。

顔や背中であれば前者で荒れることも多いですが、その他の部位の肌が荒れる時、だいたいの場合で自己処理の際に肌を傷つけてしまう事が原因だったりします。

なので、自己処理の際には気をつけないとなりません。

しかし、気を付けていればどうにかなるかと言うと、そういう問題でもないのです。
もちろん、ある程度は防ぐことは出来るでしょうが、どうしようもない事もあるのです。

自己処理はだいたい肌への負担が大きい

なぜなら、自己処理は、肌への負担がだいたい大きいからです。

たとえば抜くと言う自己処理について見ていきます。
ピンセットなどで毛を抜く際には、毛を無理矢理引っ張り出すのでどうしても負担は大きくなります。
さらに、毛穴が広がったままになってしまうというリスクも生じてくるでしょう。

もっと言えば、引っ張り出す際に、肌まで掴んでしまったり、あるいはピンセットなどの衛生状態が良くない状態にあることに気が付かずにそれを使用してしまい、そのせいで雑菌などが入り込むことになったりもするでしょう。
そうなれば肌が荒れないはずもありません。
カミソリの場合も同じようなものです。

カミソリで剃る際には、肌の表面まで軽く剃ってしまいがちになりますし、同じく衛生状態が悪くなりがちなので、肌への負担は大きいです。
このように、自己処理をする限り、肌は荒れがちになるのです。

でも、医療脱毛で永久脱毛をしてしまえば、そういう肌に負担となる自己処理をしなくても済むようになるので、そのせいで肌が荒れることはなくなるでしょう。
肌を綺麗に保ちたい方には、医療脱毛での永久脱毛はすごくおすすめです。

剃り忘れることがなくなる

剃り忘れ

医療脱毛で永久脱毛をすることのメリットとして、剃り忘れることがなくなるというメリットもあります。

自己処理をしていると、うっかり剃り忘れてしまうこともあるものです。

自己処理をするのが、毎週月曜日の夜だとか、そんな風に日程を決めてルーティーン化していればそうそう忘れることはないでしょうが、そうしてルーティーン化しているという方はまずいないでしょう。

だから、剃ろうとは思っていたのだけど、うっかり剃り忘れてしまったという経験がある方もすごく多いのではないでしょうか?

でもそんな風に剃り忘れてしまった時に限って、肌を見せる機会があったりするものです。
もしそんな機会に遭遇してしまったら、頭を抱えることは間違いありません。でも、そんな時永久脱毛していたらどうでしょうか?

永久脱毛していれば、そもそも剃る必要がなくなるわけなのですから、剃り忘れるということは100パーセントなくなります。

なので、いつでも安心して出かける事が出来るようになるでしょう。
剃り忘れて困った事がある方にも、永久脱毛はおすすめできます。

永久脱毛のデメリットは生やせないこと

永久脱毛のデメリット

では、医療脱毛による永久脱毛のデメリットはどこにあるでしょうか?

医療脱毛による永久脱毛のデメリットはやはり、そうして一度永久脱毛をしてしまうと、もう生やせないという事です。

もちろん部位によってはそもそもこれから生やすことは100パーセントに近い確率でないというところもあるでしょう。たとえば腕の毛です。

腕の毛は、まず生やすことはないと言えます。
生えていても見た目が悪くなるだけで他にメリットもありませんし、生やしたいと思う事は今後まずありません。

しかし、たとえばアンダーヘアーであればどうでしょうか?
アンダーヘアーの場合、ちょっと整え過ぎた状態で永久脱毛してしまうと、あとでやっぱりもう少し生やしたいなと思うこともあるものです。

整え過ぎているのが格好良く思える時もあれば、それが恥ずかしく思えることもありますから。
いうなればそれは眉毛のようなものです。
完璧に整えている眉毛が好きな時もあれば、ちょっと太めのだらっとした眉毛が好きな時もあるでしょう。

それと同じことが、アンダーへアーでも起こるのです。ですが、永久脱毛しているわけですから、もう少し生やしたいと思っても、もうどうすることも出来ません。
それはやはり永久脱毛のデメリットといえるでしょう。

生やしたくなる箇所は他にもあるはず

アンダーヘアーのように、医療脱毛で永久脱毛をしたけど、やっぱり生やしたくなるようなところは他にもあるものです。

そういうところを永久脱毛するのは、やはりおすすめできません。

それはたとえば、顔周りの毛、特にもみあげあたりの毛です。
もみあげあたりに、ルパンのように毛が生えている方は、それを脱毛したいと思うこともあるでしょう。

しかし、そこを永久脱毛してしまうと、出来ない髪型が出てくるのです。
たとえば、ツーブロック的にサイドの髪の毛を刈り込んだスタイルです。

男性でも女性でもサイドの毛を刈り込むスタイルはずっと流行っていて、もはや定番のヘアスタイルと化していますが、もみあげあたりの毛が長くないと、このスタイルはいまいち決まりません。
だからそこを永久脱毛してしまうと、あとで後悔することもあるのです。

あとは、先に例で挙げた眉毛もやはり永久脱毛してしまうとあとで形を変えづらくなり後悔することが多いでしょう。

肌のカバーが永久になくなる

女性が目をつぶり考える

毛は、肌のカバーでもあります。

たとえば脇を想像してみてください。

完全に毛がない状態だと、脇のあたりは肌と肌がすごくこすれるでしょう。

しかしそこに毛が生えていたらどうでしょうか?
こすれるのは毛と毛になったり、あるいは毛と肌になるので、肌と肌がこすれる事がなくなります。

なので、肌が摩擦によるダメージを受けることがなくなっていくのです。
でも、もし永久脱毛をしていたら、そういうカバーがあることが永久になくなります。

つまりこれから先の人生で、ずっと肌はこすられ続けることになってしまうのです。

色素沈着に繋がることも

それは、場合によっては色素沈着に繋がることもあります。

肌と肌がこすられ続けていると、そこは摩擦で黒くなります。
黒くなってもなお、その状態を繰り返してしまうと、そのままその黒い色素が肌に沈着してしまうのです。

そうして肌が色素沈着で黒く見えるようになると、やはり見た目的にはかなり汚くなります。

せっかく永久脱毛したとしても、そうして色素沈着して汚く見えていたのでは、あまり脱毛した意味も感じられなくなるでしょう。

もちろん、夏場などの比較的に脇を見せたりするようなシーズンでは、あまりこれはあまり関係ありません。
永久脱毛でもそうでなくても、いずれにしても毛は生えていなくて、結局肌はこすれるでしょうから。

でも、これがシーズンオフであれば話は別です。シーズンオフの場合、そこまでしっかりと剃っていない人も多いでしょう。
だから、シーズンオフならば肌が守られていることもあったのです。でも永久脱毛したら、それもなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です