このページの先頭です

これは守ろう!医療脱毛に行く前に気を付けたい注意点

243views

投稿日:

毛抜きを使わないようにする

毛抜きを使わないようにする

医療脱毛に行く前には、毛抜きによる自己処理はしないようにしないとなりません。

医療脱毛を行っているクリニックによっては、そもそも自己処理自体をしないで来て下さいと言うところもありますが、基本的には自分で一度処理をしてから来て下さいと言うところの方が多いでしょう。
でも、そうして自己処理をする際には、毛抜きによる処理は避けるべきなのです。

反応しなくなってしまう

医療脱毛の前には何故毛抜きによる処理は行ってはいけないのでしょうか?
毛抜きによる処理は、一瞬完全に綺麗になるというメリットもありますが、ここではそれがデメリットになるのです。
なぜなら、脱毛機器が反応しなくなってしまうからです。
医療脱毛で使われる脱毛機器は、メラニン色素に反応するように出来ています。

逆に言えば、メラニン色素がないと反応しないということなのです。
なので、毛抜きをしてしまって、毛根から完全に抜いてしまったら、当然反応しなくなってしまうのです。
反応していないということは、その毛はただ自己処理されただけになります。
だから、次第にまた普通に生えてくることになるでしょう。

それではわざわざ医療脱毛をした意味がなくなってしまいます。
そうなるとやはり、脱毛クリニック側としても、効果がなかったという悪い噂を立てられてしまうことになり、困ります。
だから、そうして毛抜きによる自己処理をしないようにして欲しいと思っているのです。

カミソリでの処理であれば反応する

これがカミソリでの処理であれば、きちんと反応します。
なぜなら、カミソリでの処理は、表面に出ている毛をそり落としているにすぎないからです。
なので肌の表面のすぐ近くには、きちんと黒い毛が埋まっていて、そこにきちんと脱毛機器を反応させていくことが出来るようになります。

だから、カミソリでの自己処理であれば問題ないのです。
もちろんカミソリでの自己処理でも、やり過ぎると肌を傷つけてしまい、その傷のせいで施術ができなくなるという可能性はありますが、その点にさえ注意しておけば問題ないでしょう。
全身脱毛の時でも部位脱毛の時でも、自己処理はカミソリで行っていってください。

日焼けをしないように気を付ける

日焼けをしないように気を付ける

医療脱毛をする前には、日焼けしないように気をつけないとならないというポイントもあります。

日焼けをするということと、脱毛するということは一見関係ないように思えます。でも、実はすごく関係しているのです。

日焼けをすると全体に反応する

先述の通り、医療脱毛での脱毛機器は、メラニン色素に反応するものになります。
なので、日焼をしてしまうと、全体に反応するようになってしまうのです。
全体に反応されると、ただ日焼けしてしまっているから反応しているだけの部分は、火傷しているような状態になってしまいます。
それではやはり脱毛が上手くいっているとはいえません。

さらに、日焼けしている肌は、基本的には弱っている状態になります。
そんな弱っている状態の肌にさらに刺激を与えたら、その火傷の痛みもさらに強く感じるようになるでしょう。

そうなったらやはり、それから先脱毛したいとは思えなくなるかもしれません。
それは勿体ないですから、クリニックで脱毛したいと考えている人は、日ごろから日焼しないように気を付けていきましょう。

何もなくても日焼け止めをつける

日焼けを防ぐためには、何もなくても日焼け止めをするのがおすすめです。
日差しというのは、ちょっとした時間でもしっかりと肌を焼いてしまいます。
なので、たとえば朝家から最寄りの駅へ行くだけでも焼けてしまうのです。
だから、日焼止めは日常的に付けるのが良いのです。
海や山などのレジャーのタイミングでだけつければ良いものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です