このページの先頭です

こうすれば痛くない?痛みに弱い人の為の医療脱毛活用のポイント

248views

投稿日:

普段からしっかりと保湿をしておく

普段からしっかりと保湿をしておく

医療脱毛は、痛みが比較的強い部類の脱毛になります。

脱毛クリニックは医療機関ですから、出力の強い機器を使えます。
だからその分、痛みも強くなっていってしまうのです。
その痛みに耐えるためには、肌をしっかりと保湿しておくということが必要になるでしょう。
でも、痛みに耐える為になぜ保湿が必要になるのでしょうか?

乾燥している状態は刺激に弱い状態

乾燥している肌は刺激に弱い状態です。
そんな刺激に弱い状態の肌に、そもそも痛みを感じやすい、出力の高い脱毛機器を使用していったらどうなるでしょうか?
そんな状態では痛みを感じないはずもないと言えるでしょう。
だからそうならないように、痛みに弱いけど脱毛したいと考えている人は、しっかりと肌を保湿するように心がけていきましょう。

保湿がない状態はバリアがない状態

しっかりと保湿されている状態の肌は、肌にバリアがあるような状態になります。
もちろんそれはすごく薄いバリアではありますが、そのバリアが刺激から肌を守ってくれるのです。
でも乾燥している状態の肌は、そういうバリアがありません。
バリアがない状態なのですから、当然外からうける刺激は、より強く感じてしまうようになるのです。

毎日保湿することが大切

人の肌の状態は、そうそうすぐには変わりません。
なので、医療脱毛を行う前日にしっかりと保湿したからといって、それはあまり大した効果を出せないのです。
もちろん何もしないよりはましにはなるでしょうが、それよりも脱毛したいと思い始めた段階から長い期間をかけて保湿していくのがおすすめです。

そうしてじっくりと保湿していけば、いざ医療脱毛をする時には、肌の状態はしっかりとバリアに守られているような状態になるでしょう。
そうして、比較的痛みも感じなくなっていくでしょう。

痛みが少ない機器をつかっているクリニックに行く

痛みが少ない機器をつかっているクリニック

脱毛クリニックで使用している機器は、基本的には出力が強いものにはなります。

ただ、すべてのところで同じ機器を使用しているわけではありません。
それでは医療脱毛を行うクリニックとしての差別化も出来なくなります。
つまり、クリニックではそれぞれ特徴を持った脱毛機器を使用しているということになります。

そうしていろいろなタイプの機器を使用しているということはその中には、痛みがあまりないような機器を使用しているところもあるのです。
なので、痛みに弱いけれど医療脱毛したいと考えている人は、そういう、痛みが弱い機器を使用しているところでの脱毛がおすすめです。

その分出力は弱くなることもある

ただ痛みが少ないというメリットの裏には、当然デメリットもあります。
それが、出力が弱くなるという点です。
痛みが少ないというのはつまり、パワーが弱くなるということです。
パワーが弱くなるということは、その分だけ効果が出るのも遅くなることがあるということになります。

これが部位脱毛くらいであれば、多少効果が出るのが遅くなっても問題はないかもしれませんが、全身脱毛の場合は、ただでさえそ時間がかかるので、更に時間がかかるのは大きなデメリットになるでしょう。

もし痛みがあまり強くないような脱毛機器を使用しているクリニックを選ぶのであれば、その点は理解しておく必要があると言えるでしょう。
たとえば少しでも早く契約をして、1日でも早く脱毛を始めるなど、時間がかかることを理解した動きをするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です