このページの先頭です

こうして脱毛が進む!知っておきたい医療脱毛の仕組みを解説

232views

投稿日:

医療脱毛はレーザーで毛根を破壊する

医療脱毛はレーザーで毛根を破壊する

医療脱毛の仕組みは簡単に言うと、毛根をレーザーで焼き切り破壊するという仕組みになります。

毛根が破壊されると、その毛は抜け落ちていきます。
だから、そうして脱毛が進んでいくのです。

メラニンに反応する

でもレーザーで毛根を焼き切り破壊するとは言っても、それはどのようにして起こるのでしょうか?
わざわざ一つ一つの毛根に向けてレーザーを発射していくのでしょうか?
元来脱毛とは、そうして一つ一つの毛に対してアプローチしていくものでした。
しかし医療脱毛はそうではありません。
医療脱毛の場合は、面に向けてレーザーを射出していきます。

それでは、毛根意外に肌なども焼けてしまうのではないかと思うものですが、それは起こりません。
なぜなら、この医療脱毛で使われるレーザーは、メラニンに反応するようになっているからです。
つまり、肌の表面のすぐ近くにある毛の黒い部分に反応するようになっているのです。

だから、面に向けてレーザーを射出しても、それによって肌まで焼かれてしまうということはなくなるのです。
もちろん、毛が生えているところであれば、それを焼き切る際に多少のダメージを負うことはあるでしょう。
しかし、面ごと火傷してしまうようなことはありません。

毛根を焼き切ると生えなくなる

また、毛根を焼き切ると、そこにはもう毛が生えなくなります。だから、脱毛クリニックでの脱毛は永久脱毛になるのです。
それもまた、医療脱毛の仕組みとして、知っておくことをおすすめします。
脱毛したいと考える方の多くは、それが臨時の脱毛ではなく、しっかりと永久的な脱毛であることを望むはずです。

もし臨時で少しの期間だけ脱毛したいのであれば、それはわざわざ医療脱毛を利用したり、脱毛サロンを使用したりしなくても、家で自己処理をしていれば十分になります。
だからどうせ脱毛するならば、永久に生えてこなくなる方が助かるでしょう。
永久に生えてこなくすることが出来るのは医療脱毛だけですから、それは医療脱毛の大きなメリットと言えます。

なぜ毛根が破壊できるのか

なぜ毛根が破壊できるのか

でも、なぜ医療脱毛では毛根が破壊出来るのでしょうか?

それは、ひとえに医療脱毛の方が出力の高い機器を使えるからだと言えます。
医療脱毛は、医療機関になりますから、もしたとえば脱毛の施術中に何かトラブルがあったとしても、その場ですぐに対応することが出来ます。
だから、より高い出力の機器を使えるようにしても安心だと言えるのです。

そういうことがあるので、医療脱毛では、出力の高い機器を使用することが認められています。
そして当然出力が高ければその分だけパワーがあることになり、毛根を破壊できるだけのパワーも持ち合わせていることになるのです。

これが脱毛サロンの場合、そこまでパワーのある、出力の高い機器を使用することを認められていませんから、毛根を破壊するほどの効果は出せないのです。
だから、永久に毛が生えてこないように出来るのは、医療脱毛だけだと言えるのです。

全身のムダ毛に毛根はある

ムダ毛には、必ず毛根があります。
たとえば脇とかVIOラインとかの毛が太くて頑固で強い、そういうところの毛にしか毛根がないわけではありません。
必ずすべての毛に毛根はあるわけですから、医療脱毛であれば、すべての毛に対してそれ以上生えてこなくさせることが出来ると言えます。

しかもそれが面で対応できるわけなのですから、そのスピード感はすごく魅力的になるでしょう。
そういうことがあるので、医療脱毛は、部位をしぼっての脱毛を希望する人はもちろんのこと、全身脱毛を希望する人にもすごくおすすめできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です