このページの先頭です

医療脱毛|ダイオードレーザーの種類・仕組・メリット・デメリット

306views

投稿日:

ダイオードレーザーとは

ダイオードレーザーとは

 

日本で最も主流の医療用レーザー脱毛器

医療脱毛クリニックの広告などでもよく見かけるワードの中にダイオードレーザーという言葉があります。

これは、医療脱毛を行う上で用いられているレーザー脱毛器のことで、現在、医療脱毛業界で用いられている3種類の脱毛器の一つに当たります。

ダイオードレーザーは日本国内の美容皮膚科などで行われているレーザーを用いた医療脱毛で最も多く使用されている機器で、その信頼性の高さや安全性の高さ、脱毛効果の高さや使用可能な部位の多さなど、様々な面でメリットを有しています。

種類

ダイオードレーザーは、半導体を用いてレーザーを生成し照射する脱毛器の一種です。

実際にダイオードレーザーを採用している脱毛器は各社から様々な名称で提供されており、実際に施術を受けるクリニック毎でも名称に違いがあります。

例えば、最も多くのクリニックで用いられているのが「ライトシェア」シリーズで、アメリカFDAの認可を受けた安全性の高さが魅力の機種であり、大手クリニックでも広く採用されています。

また、同じくアメリカFDAの認定を受けている機種として「メディオスター」シリーズも、その脱毛効果の高さから様々な美容皮膚科などで広く用いられています。

更に、永久脱毛効果が実感できる機種として徐々に採用するクリニックが増加しているのが、「ソプラノ」シリーズです。

蓄熱式を採用し肌に対して熱を使った脱毛効果をもたらすことから、医療レーザー脱毛器ながらも永久脱毛をも可能とした画期的な機種で、医療脱毛を使った永久脱毛を実践したいという方に特におすすめの機種といえるでしょう。

仕組み

ダイオードレーザーは、800ナノミリメートルという特殊な波長を有したレーザーを採用している脱毛器で、この特殊な波長のレーザーを脱毛したい部位に照射することによって、レーザーがムダ毛の毛根部分に存在するメラニン色素に反応、毛根や毛母細胞などムダ毛を生成する機能を破壊する働きを持っています。

ダイオードという半導体を利用して近赤外線というレーザーを作り出すことからこの名称がつけられました。

レーザーの波長や照射力自体を任意で調整でき、比較的刺激が少なく色素新着や肌黒など様々な理由からレーザー脱毛がこれまで困難とされてきた症状にも対応できる汎用性の高さが最大の特徴です。

ダイオードレーザーのメリット・デメリット

ダイオードレーザーのメリット・デメリット

メリット

ダイオードレーザーを採用した医療レーザー脱毛には、この機器特有の様々なメリットがあります。

中でも、多くの利用者を獲得している要因にもなる最大のメリットが、脱毛効果の高さです。

他のレーザー器と比べ非常に高いレーザー出力で施術を行う事ができるため、一般的な脱毛器では長期間にわたる施術が必要なムダ毛でも、比較的短期間の少ない回数で脱毛が可能です。
また、レーザーを1回照射する際のパルス持続時間も他の種類のレーザー器より短いため、1回当たりの施術時間を短縮する効果もあります。

また、ダイオードレーザーを用いた脱毛器は、レーザーの照射範囲が広い四角形の形で行われるので、丸形で照射される他のレーザー器と比べ、施術範囲が広く肌への負担を最小限に抑えられる点や全身脱毛を短時間で実現できる点がメリットです。

このほかにも、粘膜や薄い皮膚など通常のレーザー脱毛器では拒絶される部位も、レーザーの照射力を調整することによって施術可能となっており、幅広いニーズに対応できる点が利点の機器です。

デメリット

ダイオードレーザーは、サロンなどで用いられる民間用の機器と比べ、強い効果をもたらす一方で痛みが若干感じられる点が最大のデメリットとして考えられます。

また、非常に脱毛効果が強いことから、脱毛したいというニーズに対応できる一方で施術が完了するとほぼ体毛が生成されなくなるため、本当に脱毛すべきかどうか事前にしっかりとした検討を行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です