このページの先頭です

脱毛の麻酔をするべきか?麻酔の種類や危険性(リスク)について!

175views

投稿日:

脱毛は、麻酔をするべき?どの麻酔が良い?

脱毛は、麻酔をするべき

痛みを感じたくない人は、医療脱毛を選びましょう。

そう、「医療脱毛」です。

光脱毛よりも医療脱毛で行われているレーザー脱毛のほうが痛みは強いと理解している人が多いはず。

この理解は間違ってはいません。
光脱毛よりもレーザー脱毛のほうが痛みは強いです。

しかし

実際は、医療脱毛は、麻酔を使用することができるため、痛くありません。

一方、脱毛サロンでは痛みがあっても、麻酔を使用することはできません。
なので痛みを感じたくない人は、麻酔を受けられる医療脱毛のほうがおすすめなのです。

 

麻酔にも、効果の高い物と弱い物、様々な種類の麻酔があります。
一通り紹介していきましょう。

麻酔テープ

麻酔テープは薬が塗られたテープを、患部に貼るタイプの麻酔です。
効き目はあまり強くないため、少し痛みを和らげたい時に使用されます。

笑気ガス

笑気ガスはマスクを装着し、そこから出てくるガスを吸い込むことタイプの麻酔です。
酔っている時のようなフワフワした感覚に陥り、痛みが軽減します。
麻酔テープよりも効果が高く、気持ち良い状態になるので、眠ってしまう人も多いです。

麻酔クリーム

麻酔クリームは患部にクリームを塗ることで効果を得られる麻酔です。
含まれている麻酔の量が多いため、麻酔テープや笑気ガスよりも効きます。
全身に塗ることは基本的にないため、痛みを感じやすい部位を施術する際に使われるのが一般的です。
眠くなることはありませんが、感覚が失われた状態が数時間続きます。

静脈麻酔

静脈注射は一番効果の高い麻酔で、点滴で投与することになります。
意識は完全に失われますので、寝て起きたら施術が終わっている、という感覚になるでしょう。
麻酔が効いている限り、痛みはまったく感じません。

麻酔の危険性は?ノーリスクではない!?

麻酔には危険性はないのでしょうか?

結論から言えば、麻酔は、医療機関であるクリニックで行うため、心配しすぎる必要はありません。

とは言え、麻酔はノーリスクで使えるものではありませんので、痛みを我慢できるのなら我慢をした方が良いでしょう。
もし、どうしても痛みが我慢できないということであれば、麻酔を使うというスタンスが良いのではないでしょうか。

麻酔のマイナス点としては、過剰に麻酔が投与されると、健康被害が出ることもありますし、アレルギーが出る場合もあります。
また、麻酔はタダではありません。それなりにお金もかかります。

そのため、できることなら麻酔をしないに越したことはないのです。

もしも麻酔をしたいのであれば、できるだけ効果の弱い麻酔から、考えてみるようにしてください。
それが自分自身のためになります。

痛くない脱毛器もある!機器によって痛みは違う

これは麻酔の話ではありませんが、レーザー脱毛で使用される脱毛器によっても痛みは変化します。

特に、痛みが少ないレーザー脱毛として有名なのが、メディオスターNeXTです。
メディオスターNeXTを使用しているクリニックで有名なのがリゼクリニックです。

↓リゼクリニック公式サイト

リゼクリニック公式ホームページ

リゼクリニックは、テレビCMを積極的に行っているので、ご存知の方も多いかもしれませんね

リゼクリニックのキャンペーン情報などは、リゼクリニックの公式サイトでご確認ください。

リゼクリニック公式サイトはコチラ

メディオスターNeXTという脱毛器を使うとなぜ痛みが少ないのでしょうか。
気になる人もおられるかもしれませんので、少しだけ説明しておきます。

これまでレーザー脱毛は、毛根自体を破壊し、脱毛を行っていました。
しかし、メディオスターNeXTでは、毛根自体ではなく、毛根の一部であるバルジ領域という部分を、熱で破壊します。

破壊する量が今までよりも圧倒的に少ないのです。
そのため、痛みもかなり軽減されるのです。

人によって痛みは変わりますが、なかには光脱毛よりも痛みを感じなかった、と言う人もいるほどです。

というわけでメディオスターNeXTは、麻酔に抵抗があるという人にもおすすめです。

永久脱毛をしたい人はレーザー脱毛を選ぼう!

永久脱毛をしたいという人には、医療脱毛がおすすめです。

脱毛には大きく分けて3種類の方法があります。
光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛です。

ニードル脱毛はとんでもない痛みがしますし時間もかかるため、選ぶ人は少ないでしょう。

となると、光脱毛とレーザー脱毛ということになりますが、光脱毛では永久脱毛をすることはできません。

つまり、永久脱毛をしたい人が現実的な手段を選ぶとしたら、レーザー脱毛になるということなのです。
光脱毛にもメリットはありますが、その分、永久脱毛ができない、という大きなデメリットがあります。
そのため、できるだけ高い脱毛効果を得たいという人は、レーザー脱毛を選ぶようにしましょう。

脱毛サロンで永久脱毛ができない理由

脱毛サロンも医療脱毛も、機器は違っても、同じ脱毛なのだから、なぜ永久脱毛できないのだろう、という疑問を持つ人も多いでしょう。

しかし、この機器が違うという部分が一番の問題です。
レーザー脱毛と光脱毛では、照射される光の強さがまったく違います。
レーザー脱毛は毛根を破壊するのに対して、光脱毛は毛根の働きを弱めることしかできないのです。

人間の体は傷ついたら必ず修復します。
毛根も同じです。ダメージを受けても、時間が経てば必ず復活し、以前と同じように毛を生やします。
レーザー脱毛により、毛根が破壊されれば、回復しようがないため、毛は生えてきません。

破壊したつもりが、仮死状態になっているだけで、再生してしまうことはありますが、基本的に一度破壊されれば、毛が生えてくることはないのです。

このような違いから、脱毛サロンでは、「永久脱毛」という言葉を使用することが、法律的にも禁止されています。
簡単に言えば、効果がまったく違うから、脱毛サロンでは永久脱毛ができないのです。

早く脱毛を終えたい人は、医療脱毛!

脱毛サロンと医療脱毛を比べたとき、早く脱毛を完了できるのは、医療脱毛です。

脱毛サロンは2年ほどの時間がかかりますが、医療脱毛であれば、1年ほどの期間で脱毛を完了することができます。

そのため、早く効果を実感したいという人は、医療脱毛を選んだほうがメリットは大きいです。

なぜ期間に差がつくのか

脱毛サロンと医療脱毛で、施術が完了する時間に差がついてしまうのは、効果に大きな差があるからです。
先にも紹介しましたが、脱毛サロンの光脱毛は、光が弱いため、同一のムダ毛に対して、何度も光を照射しなければなりません。

それに対してレーザー脱毛は、光脱毛ほど何度も光を照射することなく、毛根を破壊することができます。

当然そのような差があれば、施術時間や回数が短くなるのは当たり前でしょう。
医療脱毛であれば、期間が短い上に、高い効果も得られますので、早く脱毛を終えたいという人にはおすすめです。

安全性重視の人も医療脱毛が安心!

安全性を重視したい人は、医療脱毛を選びましょう。

レーザー脱毛で行われる医療脱毛は、医療行為となるため、医療従事者がいる美容整形外科や医療クリニックでしか扱うことができません。
しかしそれは、裏を返せば医療脱毛であれば、必ず医療従事者が側にいるということになります。

そのため、万が一、肌トラブルなどが発生したとしても、適切な対応を取ってくれるのです。

脱毛に肌トラブルは付き物ですので、そこを不安視している人も多いでしょう。
そのような人は、医療従事者がいる医療脱毛がおすすめです。

体質に合わせた施術が可能

レーザー脱毛を行う際には、光を毛根に照射することになりますが、この時の光の強さは人によって変える必要があります。

敏感肌の人は光の出力を下げ、徐々に強くしていく、という対応をしないと、肌トラブルが発生するリスクが高くなるのです。

脱毛サロンで行われる光脱毛も、同じように出力には注意しなければならないのですが、医師免許を持っていない無資格者の判断と、医師免許を持った医師の判断、どちらを信用できるでしょうか。
答えは聞くまでもなく、医師免許を持った医師です。

このように脱毛においては、様々な判断や、体質に合わせた処置というものが重要なことになってきます。
そのため、安全性を重視したいという人は、医療脱毛を行ったほうがメリットは大きいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です