このページの先頭です

効果が低い!家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛の違い

286views

投稿日:

効果がまったく違う

効果がまったく違う

家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛の違いとして、まず挙げられるのが効果の違いです。

家庭用脱毛器は医療脱毛と比べると、圧倒的に効果が低くなります。
医療脱毛はレーザー脱毛ですので、家庭用レーザー脱毛器と方式としては同じということになります。
しかしこの両者は、出力される光の強さがまったく違います。

家庭用レーザー脱毛器の光は弱く、医療脱毛で使用されるレーザー脱毛器の光は強いのです。
そのため、この両者を同じレーザー脱毛と思うこと自体が間違いなのです。
医療脱毛であればしっかりと脱毛できたはずのものが、家庭用レーザー脱毛器だと、ほとんど効果を得られないということもあります。

そのため、高い脱毛効果を得たいという人には、家庭用レーザー脱毛器ではなく、医療脱毛がおすすめです。

レーザー脱毛は家庭ではできない

実はレーザー脱毛は医療行為です。
毛乳頭を破壊する行為ですので、法律で医療行為として定められており、医療従事者以外が行うことを禁止されています。
では、なぜ家庭用レーザー脱毛器というものが存在しているのか、という疑問が出てくるでしょう。

実は家庭用レーザー脱毛器は、毛乳頭を破壊できないように、照射される光の強さが弱められたレーザー脱毛器なのです。
当然、それほどまでに照射される光が弱まれば、脱毛効果も弱くなってしまいます。
そのため、家庭用レーザー脱毛器は、レーザー脱毛でありながら、たいした脱毛効果を期待することができないのです。

医療脱毛で使われるレーザー脱毛

家庭用レーザー脱毛器の光は弱い光ですが、医療脱毛クリニックで使用されるレーザー脱毛器は強い光が照射されます。
医療従事者が行っているため、光を弱める必要がないのです。
そのため、光が強い分、大きな効果を期待できます。

家庭用レーザー脱毛器も悪いところばかりではないですが、脱毛効果という観点で見ると、医療脱毛には到底、敵いません。
高い脱毛効果を望む人は、医療脱毛クリニックに通うことをおすすめします。

レーザー脱毛といえば痛みが強い?

レーザー脱毛といえば痛みが強い

レーザー脱毛と聞いて、一番最初に思い浮かべることといえば、痛い、ということです。

実際にレーザー脱毛を受けた結果、痛みに耐えることができず、涙を流してしまったという人もいます。ひどい場合だと、せっかくお金を支払ったのに、途中で施術をやめてしまった、という人もいるのです。

レーザー脱毛の大敵である痛みですが、これは効果が高ければ高いほど、痛みを感じるものですので、ある意味、仕方のないことです。
脱毛してツルツルの肌を手に入れたいのであれば、我慢するしかないということになります

家庭用レーザー脱毛器のほうが痛い

家庭用レーザー脱毛器は効果が低く、医療脱毛のレーザー脱毛は効果が高いということであれば、当然、家庭用レーザー脱毛器のほうが痛みは少ない印象を受けます。
しかし、これは真逆です。実は医療脱毛よりも、家庭用レーザー脱毛器のほうが痛みを感じます。
医療脱毛では痛みを抑えるために、患部にジェルを塗ったり、麻酔を使用することもあります。

つまり、痛みを軽減するための処置をしっかりと行っているのです。
家庭用レーザー脱毛器でも、ジェルなどを使用することはできますが、あくまで一般発売されているものですので、効果はそれほど高くありません。
その結果、家庭用レーザー脱毛器のほうが、効果は低いにもかかわらず、強い痛みを感じてしまうのです。

レーザー脱毛器も進化している

医療脱毛で行われるレーザー脱毛は痛いというイメージが先行していますが、実はそれは昔の話です。
最近では様々な新しい機器が導入されており、昔ほどの痛みは感じなくなりました。
なかには、レーザー脱毛であるにもかかわらず、光脱毛よりも痛みが少ないレーザー脱毛も存在するのです。

そのため、レーザー脱毛は痛い、という弱点は、レーザー脱毛機器を選ぶことにより、克服できるようになっています。
家庭用レーザー脱毛器が痛い、ということは、実はあまり知られていないことですので、ここでしっかりと覚えておきましょう。
痛みが苦手だという人は、医療脱毛のほうがおすすめです。

安く脱毛できる?

安く脱毛

レーザー脱毛を行うということであれば、お金のことも気になるところです。

医療脱毛で全身脱毛を行おうとすると、50万円程度のお金が必要になることもあります。

家庭用レーザー脱毛器であれば、5万円程度で購入できるものもあるため、単純な値段を比較した場合、家庭用レーザー脱毛器のほうがお得ということになるでしょう。
しかし、これを真に受けると痛い目を見てしまうことになるため注意してください。

家庭用レーザー脱毛器は消費する

家庭用レーザー脱毛器ですが、一度購入すれば、半永久的に使用できるというわけではありません。

カートリッジがついていないため、ずっと使えるものだと勘違いしている人もいるのですが、ある程度使用すると、脱毛器をメーカーに送付して、部品を交換してもらう必要が出てきます。
メーカーによって変わりますが、1年以内であれば無料で、それを過ぎると有料になるというパターンが多いです。

結果的に、購入費用よりもお金を多く支払わなければならないため、そこも加味して、値段を比べる必要があります。

全身脱毛をしようと思うとかなりの金額がかかる

家庭用レーザー脱毛器は医療脱毛よりも効果が弱いため、同じ部位に対して、何度も光を照射しなければ、満足できる効果を得ることはできません。
全身脱毛を家庭用レーザー脱毛器でやろうと思えば、何度も照射をしなければならないでしょう。
その間のランニングコストは膨大なものとなりますので、結果、医療脱毛のほうが安くつくこともあります。

値段的な話で言うと、特定の部位のみ脱毛したいということであれば、家庭用レーザー脱毛器のほうがメリットは大きいです。
しかし、様々な部位を脱毛したいということになると、医療脱毛のほうがメリットは大きくなります。
脱毛範囲の広さで、どちらを利用するか決めたほうが、一番安い脱毛方法を選ぶことができるというわけです。

手間がかかる

手間がかかる

家庭用レーザー脱毛器と医療脱毛を比べると、家庭用レーザー脱毛器は手間がかかるという側面もあります。

実は家庭用レーザー脱毛器が一回に照射できる範囲は、光脱毛器に比べると、かなり狭いです。
そのため、脱毛部位が広ければ広いほど、全ての場所に照射するのは手間がかかるのです。
意外と家庭用レーザー脱毛器は重いため、腕も疲れてしまうでしょう。

なかには、照射するのが面倒になってしまい、せっかく購入したのに、途中で脱毛をやめてしまったという人もいます。
そのため、使用するのであれば、手間がかかるということを覚悟しておく必要があるのです。

背中の脱毛は難しい

家庭用レーザー脱毛器で脱毛を行うのであれば、全てを自分で行わなければなりません。
誰かに手伝ってもらうという方法もありますが、毎回、それを行うわけにもいかないでしょう。
それを考えれば、背中のような見えない部分に、家庭用レーザー脱毛器を照射するのは難しいということになります。

医療脱毛であれば、熟練したスタッフがレーザー脱毛を行ってくれるため、このような苦労を強いられることもありません。
見えない部分もムラなく脱毛できるというメリットが、医療脱毛にはあるのです。

家庭用レーザー脱毛器では、間違えた場所に光を照射してしまうことで、肌トラブルを発生させてしまうこともあります。
そのため、背中の脱毛を行いたいと思っている人は、医療脱毛を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です