このページの先頭です

レーザー脱毛器の違いを徹底解説!特徴は?どの脱毛器が良い?

186views

投稿日:

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは昔ながらのレーザー脱毛器で、1990年代後半から、日本で多く使用されている脱毛器です。

医療脱毛が始まった頃は、多くの医療脱毛クリニックで使用されていましたが、現在ではダイオードレーザーのほうが主流となっています。
アレキサンドライトレーザーは、日本人に合ったレーザー脱毛器とも言われています。

そのため、安心して施術を受けることができるでしょう。
これまでに大きな肌トラブルが発生したという事例がほぼないため、安全性としてもおすすめです。
また、広く普及していることから、受けたいと思ったらすぐに受けられるというメリットもあります。

美肌効果の高いレーザー脱毛器

アレキサンドライトレーザーの特徴は美肌効果が高いというところです。
アレキサンドライトレーザーで肌に光を照射すると、女性全員の味方である、コラーゲン生産力が促されます。
それにより、シミが薄くなったり、ニキビ跡が消えたりすることもあるのです。

医療脱毛をしたいという人は、美容に気を遣っている人が多いため、これは嬉しい効果でしょう。
脱毛以外のメリットも受けられるというのは、アレキサンドライトレーザーの大きな特徴です。

痛みが少ないレーザー脱毛

医療脱毛といえば痛いというイメージがつきものです。
しかし、アレキサンドライトレーザーはその痛みを軽減するため、光が照射される前に冷却ガスが噴射されます。これにより、痛覚を一瞬麻痺させることができるのです。

そのため、アレキサンドライトレーザーは他のレーザー脱毛に比べると、トップレベルの痛みの弱さを実現できています。
ダイオードレーザーの一部の機種には負けてしまいますが、それでも優秀なレーザー脱毛器ですのでおすすめです。

レーザー脱毛の中でも効果が高い

アレキサンドライトレーザーはレーザー脱毛の中でも高い脱毛効果を得られる脱毛器です。
初回の施術で、その効果を実感できる人もいるほど、高い脱毛効果を与えてくれます。
ただし、産毛などには効果を発揮しないという弱点もあります。
産毛もしっかりと脱毛をしたいという人には、他の脱毛器を使った医療脱毛がおすすめです。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは医療脱毛器としては、最先端の脱毛器です。

アレキサンドライトレーザーよりもシェア率が高く、日本で一番多く使われている脱毛器となっています。
ダイオードレーザーは痛みの少ない脱毛器として紹介されることが多いですが、機種によって痛みは異なります。

アレキサンドライトレーザーよりも痛みが少ないものもあるため、痛みが苦手だという人はそれを選びましょう。
産毛の施術を行うことができるというメリットもありますが、美肌効果などは特にありません。

様々な種類があるダイオードレーザー

ダイオードレーザーには様々な種類があり、それぞれによって痛みが違います。
まず、ライトシェアデュエット。
これは皮膚を引っ張りながら脱毛できるため、効果も高く、施術しにくい部位でも脱毛しやすい脱毛器です。
ただ、ダイオードレーザーの中では痛みが強く、アレキサンドライトレーザーよりも痛みを感じてしまいます。

次はメディオスターNeXTです。
これはバルジ領域という毛根の一部分だけを破壊する脱毛器です。
毛根全体を破壊しないため、痛みはアレキサンドライトレーザーよりも少ないという特徴があります。

最後はソプラノです。
ソプラノはショット型の脱毛器ではありません。
ジワジワと出力を上げていく脱毛器ですので、痛みはレーザー脱毛の中では一番弱い脱毛器となっています。
ただ、他のレーザー脱毛に比べると、脱毛効果が弱くなってしまうという弱点もあるため、注意が必要です。
また、時間がかかるというデメリットもあります。

機器がない脱毛クリニックも

脱毛クリニックはどこにでも、紹介したような機器があるわけではありません。
そのため、紹介した脱毛器で脱毛をしたいのであれば、事前に目的の脱毛器があるかどうか、調べてから行くようにしましょう。

特に、メディオスターNeXTなどは最新の脱毛器ですので、置いていない医療脱毛クリニックも多く存在します。
ホームページなどに記載されているはずですので、ムダ骨を折らないためにも、事前に確認しておきましょう。

YAGレーザー

YAGレーザー

YAGレーザーは、他の脱毛器と決定的に違うポイントがあります。

それはレーザーの波長が長いということです。
レーザーの波長が長いことにより、皮膚の深い部分に毛根があるムダ毛に対しても、絶対的な効果を発揮します。

さらに、様々な毛へ対応できるというのも、YAGレーザーの特徴です。
濃い毛はもちろん、産毛にも対応できますし、日焼けしている肌にも施術することができます。
アレキサンドライトレーザーのように、美肌効果もあるため、美容を気にする人にもおすすめです。

レーザー脱毛最大の効果

YAGレーザーを使うメリットは、とにかく脱毛効果が高いということです。
VIOやワキなどは濃い毛が多いのですが、そのような部位でも、YAGレーザーであれば適切に処理をすることができます。
他のレーザー脱毛では効果がなかったのに、YAGレーザーなら効果が出る、ということもあるのです。

レーザー脱毛の中では一番効果が高い脱毛器ですので、とにかく高い効果が欲しいという人にはおすすめの脱毛器です。

かなり痛いYAGレーザー

YAGレーザーは高い効果を発揮する反面、かなり痛いというマイナス面もあります。
高い効果を発揮するものは痛い、というのは、脱毛業界では常識ですが、まさにその言葉を実体化させたものがYAGレーザーなのです。

あまりにも痛いという場合は、麻酔を使用して施術してもらうことも可能ですが、そこまでしたくないという人は、別のレーザー脱毛器を選んだほうが良いです。
痛みに耐える覚悟がある人だけ、YAGレーザーを選ぶようにしましょう。

家庭用レーザー脱毛器

家庭用レーザー脱毛器

レーザー脱毛器といえば、医療脱毛が当たり前でしたが、最近では家庭用レーザー脱毛器というものが売ってあります。

ただこれを、医療脱毛で使われるレーザー脱毛器と同じとは考えないようにしましょう。
なぜなら、自宅用は効果が各段に下がってしまうからです。
レーザー脱毛は医療従事者しか取り扱うことができません。

そのため、家庭用レーザー脱毛器は、一般の人でも扱えるように、光の出力が抑えられています。
当然、医療脱毛で使用されるレーザー脱毛器とは光の強さが圧倒的に違いますので、効果も低くなってしまうのです。
間違っても、本物のレーザー脱毛と思って購入しないようにしましょう。

家庭用レーザー脱毛器は痛い

家庭用レーザー脱毛器は出力が低いのですから、その分、痛みも少ないだろうと想像する人が多いでしょう。
しかしそれは違います。
YAGレーザーほどではありませんが、むしろ他のレーザー脱毛器に比べたら、家庭用レーザー脱毛器のほうが痛みを感じるのです。
医療脱毛で使われている脱毛器には、痛みを軽減するための様々な工夫がされています。

患部を冷やす機能がついていたり、徐々に出力を上げていく機能がついていたりというようなことです。
市販されている家庭用レーザー脱毛器には、そのような機能はついていません。
その結果、かなりの痛みを感じてしまうのです。

痛みが少ない脱毛をしたいのであれば、医療脱毛を受けたほうがまだ良いです。
間違っても、クリニックで使用されているレーザー脱毛器と同じ効果だと思って購入しないようにしましょう。
本当の意味で、痛い目を見ることになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です