このページの先頭です

医療脱毛前後、知らずにやりがちな肌トラブルを招くNG行動まとめ

42views

投稿日:

医療脱毛前後にやりがちな肌トラブルを招くNG行動

医療脱毛前後にやりがちな肌トラブル

毛抜きでムダ毛を抜く、ワックス脱毛する

脱毛したいからと医療脱毛クリニックへ行き、カウンセリングを受けるとします。

すると殆どの医療脱毛クリニックで「脱毛前は毛抜きで自己処理せずに、剃刀か電動シェーバーでムダ毛を剃るようにしてください」と言われます。

毛抜きやワックス脱毛剤を使った方が、ムダ毛を根元から抜くことができて綺麗な仕上がりになります。
しかし剃刀や電動シェーバーだと1~2mm程度の剃り残しができてしまう上、肌を擦るので摩擦で肌が傷むのにどうして敢えて剃刀で自己処理するのか、と疑問に感じるでしょう。

実は毛抜きやワックス脱毛剤でムダ毛を抜いてしまうと、医療脱毛クリニックで使用されるレーザー脱毛機の効果が発揮されず、思うような脱毛ができなくなってしまうのです。
レーザー脱毛機はムダ毛の黒いメラニン色素に反応して、脱毛部位の毛穴を照射することで毛母細胞を破壊します。

医療脱毛をするとレーザー照射で破壊した毛母細胞からはムダ毛が生えなくなるので、脱毛が可能となります。
だからわざと剃刀または電動シェーバーである程度ムダ毛を残すことで、脱毛効果を得るメリットがあるのです。

医療脱毛後も、毛抜きやワックス脱毛剤でムダ毛を自己処理することはおすすめしません。
毛抜きやワックス脱毛剤は毛穴を傷つけたり、毛穴を開きやすく、ダメージを負った毛穴から生えてくるムダ毛は、埋没毛になりやすいためです。
埋没毛になると皮膚からムダ毛が出てこないせいで、ムダ毛処理ができない上に肌が汚く見えてしまいます。

脱毛部位の過度な日焼け

医療脱毛クリニックで使用されることの多い医療脱毛レーザー機は、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応します。
しかし脱毛部位が日焼けしていると、肌とムダ毛の区別がつきにくくなり、脱毛効果が失われてしまうのです。
脱毛したいと思ったら日焼けは禁物です。

サウナ、激しい運動、飲酒など体温を上昇させる行為

医療脱毛クリニックで脱毛したいと思ったら、脱毛前後のサウナや運動、飲酒など、全身の体温を上昇させる行為は控えましょう。
脱毛前に体温が上昇していると、医療脱毛後の痛みが強くなる恐れがあります。
脱毛後に全身入浴や岩盤浴などで体温を上昇させると、脱毛部位の肌に負担がかかり炎症を起こしやすくなるのです。

制汗剤や消臭剤、日焼け止めや刺激の強い化粧品などの使用

脱毛前に、脱毛部位へ制汗剤や消臭剤、日焼け止めを塗っていたり顔にメイクをしていると、脱毛効果が半減します。
脱毛前には必ず日焼け止めなどを塗らないこと、そして顔の脱毛をする場合はメイクを落としておくことをおすすめします。
脱毛後も肌が傷まないように、なるべく刺激の強い化粧品などを塗らないようにしましょう。

予防接種やピル、増毛剤服用

脱毛前後に予防接種を受けると、注射をした部位が医療脱毛のせいで傷んだり腫れる恐れがあります。
また、ピルや増毛剤などを服用すると医療脱毛の効果が失われる恐れがあるので、なるべく医療脱毛をしている間は服用しないようにしましょう。
その他使用している薬などあれば、医療脱毛クリニックで相談してください。

医療脱毛後の肌トラブルを抑える正しいケア方法

医療脱毛後の肌トラブルを抑える

脱毛部位を冷やす(アイシング)

脱毛した後の肌は冷やして炎症を抑えることがおすすめです。

全身脱毛をしたなら体に水シャワーをかけるなど、脱毛部位をアイシングして脱毛後に起こりやすい炎症を予防しましょう。

脱毛部位を保湿する

脱毛後の肌、毛穴は医療脱毛レーザー機の照射により傷んでいます。
医療脱毛クリニックで処方される保湿クリームなどを脱毛部位に塗り、十分に肌を労わりましょう。
とくに乾燥肌質の人は肌をしっかり保湿しておくことで、脱毛後の肌荒れも防いで肌も潤うというメリットもあります。

脱毛部位を日焼けしない

脱毛前もその後も日焼けは禁物です。
脱毛後はとくに照射した肌が傷つきやすいので、なるべく脱毛部位を日焼けしないよう日傘をさしたり長袖を着るなどして紫外線対策をしてください。
おすすめは日焼けしにくい冬の脱毛です。
汗もかきにくいというメリットもあるので、脱毛には向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です